出会い系ではニックネームを使うのが当たり前で、本名で登録する人はあまりいないと思います。でも、下の名前はそのまま使う人もさほど珍しくありません。サイトを利用するうちに何度もやりとりを重ねて、実際知っているような気持になり本名を教えてしまうといった気持ちもわからなくはありません。しかし素性のはっきりしない相手に自分の本名を教えてしまうことは大きなリスクを伴います。最近はフェイスブックに登録している人が多いですが、フェイスブックは設定によってはだれでも見られるようになっています。本名で検索することにより、特定されて個人情報が知られるリスクがあります。
心を許せる仲の良い友達がいないという人は、様々な人が交差する出会いアプリを利用してみるのもケースもあるので一度試してください。交際相手だけでなく、気の合う素敵な友達が見つかったという人もいます。ネットだけの関係は、たとえ友人ができたとしても自然消滅しやすく、交際相手と出会えたけれど、本当の友達には出会えないという人もいるでしょう。純粋に友人を探したいという人は、出会い系アプリではない別の方法を選択しましょう。

私の知人の中には、私が出会い系サイトを利用していると聞くと、危険な目に遭わないかと心配する人もいるのですが、私が出会い系サイトを利用してきた経験上、みなさんちゃんとした出会いを求めている、しっかりした人ばかりでした。安全に出会い系サイトを利用するためには、サイト上でやりとりするときに、むやみに氏名や住所などは教えないようにし、かつ、人の多いカフェやファミリーレストランなどを待ち合わせ場所に指定すれば、危険な目に遭う確率は格段に下がります。危険なことをもたらしそうな人とは、いきなり密室で会うことを提案してくる人であったり、夜に待ち合わせすることも安全な出会いのためには遠ざけた方がよいでしょう。
新たな出会いを期待してオンラインゲームや出会い系のサークルに参加する人もいますが、周りの参加者と目的がずれてしまっているケースも多く異性との交流だけを目的とした人は出会い厨と呼ばれ主催者だけでなく参加者からもひんしゅくを買ってしまいます。異性との交流が目的であれば同じ目的で参加している人達ばかりの出会い系サイトの方が良い結果につながりやすいでしょう。周りに迷惑をかけて頑張るよりも、出会い系サイトでアプローチをしていく方が良い結果につながりやすいでしょう。

出会い系サイトに限らない事ではありますが、現実に特定の人と交際を始めようと思ったならば冷静に答えを導かなくてはなりません。なぜならば、プロフィールに書いてあることが真実である保証はなく悪気はないにしても真実を記載していない場合があります。誠実な人柄を感じたとしても直ちに交際を始めるのではなく必要ならば何度も会話を重ねてこの人が本当に信頼できる人かどうか判断を下す事がゆくゆく重要な意味を持つでしょう。
出会い系サイトの普及とともに、それぞれのサイトはその特色や特徴を押し出す戦略をとっています。例えば、広告で見たことのある大手サイトから、小規模ながら共通の趣味でマッチングさせることでカップル成立率に自信を持つサイトまで、さらには有料・無料の違いなども含めれば、非常にバラエティ豊かです。当然のことですが、出会い系サイトとは出会いを求める人同士をつなげるサイトとなっているのですが、中には詐欺行為が目的の悪質な方法をとっているところも存在しますので、警戒を怠ってはいけません。悪徳サイトにもしも実際に登録してしまうと法外な額の架空請求の被害に見舞われたり、異性は全員サクラで、ただ課金を要求するだけ、という被害に遭うかもしれません。

私の学生時代の友人から久しぶりに連絡が来たかと思いえば結婚するとの事だったのですが、理想の結婚相手と巡り会えた理由は出会い系と呼ばれるサイトだと話してくれました。結婚を前提とした人の登録に力を入れているサイトだったので、すぐに交際に至りびっくりするほど気が合いすぐに相手の両親からも結婚の話が出たそうです。幸せそうに相手のことを話す友人を見て正直、以前はあまり良い印象のなかった出会いサイトですが結婚に前向きで誠実な人が登録しているのだなと思いました。
最近では、スマフォで無料コミュニケーションアプリを利用している人が多いと思います。特にほとんどの人がLINEを使っていますね。それほどまでにラインはメールや電話より一般的になっています。たとえば出会い系サイトで知り合った女性ともラインでコミュニケーションできたら更に関係を発展させられますね。ただし、ライン交換も注意が必要です。尋ね方によっては、出会い系サイトでのやり取りまでおわってしまうこともあるので、ラインの話題を出すのは焦らず進めるほうがいいようです。

PRサイト:本当に会える出会い系